猫たち・・・6匹・・・2015/1月

菅又 だい ♂ 1993/5月初生まれ・2015/1月老衰死。腎不全・肝不全・網膜変性だったが元気に21歳7ヶ月だったので老衰死。  ・・・又や堂タグ猫

雨の横浜で、生まれて1週間ほどの片目がやっと開きそうなのを拾った。外国製の猫用硝子ほ乳瓶で文字どおり嘗めて育てた。仕事先にいつも連れて行ったので車に乗るのが大好き。首輪をつけて犬のように散歩をするのも上手。肩に乗せて自転車に乗っても平気。
菅又にひーひー甘えるのと我が儘三昧。
《可愛いければ何でも許されると思うなよ》と云われてる。蟹と豚レバーの薫製が大好物。
言葉を良く理解して、人が外出する話をしていると、階段扉の前で待っていて催促するのが困りもの。冷房・暖房で姫生活。
数年前から目が悪いが相変わらずてついじめをしている。

1993年6月
現在は爺ぃのため腎臓治療カリカリが主食。
週に2回車で5分の動物病院に補液通い。
《こちゃ用隔離部屋》の主となり、菅又を奴隷としてこき使っている。

カリカリと猫飯をご飯/おかず状態で交互に喰う。猫飯はネフガード(治療用炭)をまぶした物を菅又がフォークで・・・・。
最期の数ヶ月は鶏胸肉や刺身のペーストをしこたま食べた。ぱくぱく食べた。
てつ ♂1996/10月生まれ・2014/12月病死・肥満細胞腫・甲状腺機能亢進症・肝不全・腎不全。18歳だったからてつも老衰か?・・実質的看板猫
はな(田崎が16年生活していた雌猫)が死んだ後、動物病院でちょうど居合わせた人から貰った。母猫はシャムだったので声がうるさい。
かまってもらうのがともかく好き。人の歩く先々で座り込み、短いしっぽで誘う。
ちょっと変わった毛色と柔らかい感触・愛嬌で看板猫。
猫は愛嬌とけなげさが一番としみじみ思える、かわいいてつ。
てつが1年近くたってさかり始めた頃、2歳近くなってもおとなしかったうさぎのがやっぱりさかり始め、てつをいじめるいじめた。目のかたきにしてかじって蹴ってむしる。てつはいつも高いところしか通れなくなり、うさぎはあちこちににおい付け。
それ以来うさぎの方が猫より偉くて強かった。
猫の寝籠や箱に入り込みご飯を横取りする。ストーブの一番暖かいところはうさぎの場所。
大人になって仲良くなり、一緒にくっついて寝るようになった。甘ったれのてつは特に体温の高いうさぎが好きで、日当たりのいい柔らかい毛布の上でうさぎとよく寝ていた。
お互いに舐めあって仲良しだった。
兎が死んでしまって一番寂しいのはてつ。
体は大きくて抱き心地はよく、きちんと返事はするし話はわかるし、性格はとても穏やかで良いし本当にかわいい。声がでかいくてうるさいが。
6kgまであったが、肥満細胞腫の持病持ちなので肥満サポートを主食とし、最期は4kg前後。
日常騒音の8割をてつが出していたので、今は家の中が靜か。と思ったらやいちが後を継いで喚いている。
やいち・やっち(18年)メス  1997/10月生まれ  焼き餅焼きの甘ったれ
産まれて1週間ほどのちびを、田崎祖母アパート(今は解体して無くなった)の店子さんが強引に押しつけて置いていった。信じられないくらい大量のおっぱいを飲んで、間食して、兎のクッキー食べて巨大化。雌なのに・・豊満で5.7キロにもなった。毛もほこほこで、抱くとすごく豪華な気分になれる。
末っ子で甘やかされていたのにちび達が来たので、2年ほどふてくされ。ご飯はいっしょに食べるし嘗めてやりもするが、しょっちゅう怒って叩いていた。どnボス、ぶんたろ〜、龍う太と黒猫が叩かれ強く、かつ気にしない猫たちなので、慣れて平気になった。
怒ると食べる、暇だと食べる、飽きると食べる・・・・。
生後2ヶ月・半年・5年前と・・・鼠を捕まえて弄んでいた野生猫。だいてつは怖がって遠巻きにしていた。
いつも上向きに豊かな腹を出して転がっている。顔を埋めるとゴージャスな気分。6kg弱までデブ化したが腎臓機能が若干落ちたという事で2009年春から腎臓食とダイエット、現4.25kg。油断するとすぐ太る。
外国製硝子のおっぱい瓶
上から継ぎ足すことも出きる・・
1997年11月
こんなに小さかった
同じ籠の中・・・
菅又はゼイラムとか物の怪と云っていた・・。
どん・・オス・・・ボス猫だった・2000/12月生まれ〜2003/11月病死・伝染性腹膜炎)
 
こちゃ(15年)オス   2000/12月生まれ ぼ〜とした色付兄弟猫達
2000年11月、家の裏で拾った5匹のうちの2匹。
ぼ〜として手の掛からない本当にいい仔達。あわせてどんちゃと呼ばれてる。他の3匹も母猫も平和な家猫になった。

近所に不妊去勢しないで、外で放し飼いにしている家があるらしい。それがこの辺で増えまくり住みついて野良になる・・・。
どん(どんた-命名菅又/炭団-たどんみたい)実質ボス猫。
飲み水に手を突っ込んで叩いて遊ぶのは可愛い、水がいつも汚いし、廻りはべしゃべしゃ。濡れている風呂場で寝ころぶのも可愛い。枯れ枝や、植木鉢を掘って根っ子付きの植物をうちの中に持ち込むのも可愛い。鉢物はかなり枯らしてしまった。紙をくしゃくしゃと丸めていると椅子や人の足の陰に隠れて、地味にわくわく待っている、が、がさつなこちゃに乱入されてちょっと悲しい。一生懸命持ってこいをする。膝に乗るのが大好き。
新しい物に少し臆病だが、騒ぎがあると必ず駆けつけて心配するし、窓外に野良猫が来るとだいと2匹、先頭で威嚇して凛々しい。
人に呼ばれる時の返事や他の猫に話しかけるとき、なにやら難しいこと云っておかしい、うにゅあらおるらりぴ〜。他の猫はもっとシンプルなので通じているのだろうかといつも笑ってしまう。
朝、何かのきっかけで甘えたくなってしまうことがある。小さくあっあっと云って催促する。田崎の胸元で綿毛布をすっぽりかぶって熊のぬいぐるみをちゅくちゅくと吸うのが至福。ぬいぐるみを洗うと困ってしまって泣く。口角がすっと上がっているので菅又は(キリンビールの)麒麟さんとも呼ぶ。
こちゃ(B型猫と云われている・いつも他の猫と別行動)
てつの小さいの・・こてつから。我が家は強そうな名前が好き。
てつと赤猫兄弟といわれ、やることがそっくり。てつは大人猫の次男坊、こちゃは子供猫の次男坊。菅又も次男坊。みんなよく似たぼ〜とした物怖じしない、でも人の言うことを全く聞かない唯我独尊な性格で笑っちゃう。
よく言われる赤猫の典型。散歩も車も平気。踏まれても小さくぎ〜と鳴いて踏まれっぱなし。掃除機をかけていると平気で踏み越えていく。よく一人でネズミのおもちゃで遊んでいる。何してるの〜と声を掛けるとすぐぶつぶつごろごろ喉を鳴らすので、別名ご機嫌さん
空腹になると、人でも猫でも誰彼かまわずどすどす頭突きをしてきて迷惑がられている、どん以外の猫の缶詰やカリカリは横取りする、どこでもぶっ倒れて寝る、など男らし〜い??
抱いて寝ると朝まで姿勢を変えず寝ている。毛がすごく堅くて、夜中に撫でるといまだにぎょっとしてしまう。別名かなへび。
口の端が上がっていて、笑っているの〜といつも云われてる。
てつとどんこちゃで3馬鹿トリオと呼ばれている。
体はてつが一番大きいのだが、体重はこちゃの方が重い。ただこちゃは頭が小さくて顔だけ見ていると仔猫。

ぶんたろ〜とも3馬鹿兄弟。
てつとこちゃは茶色い兄弟・次男坊ず。
どn・ぶんたろ〜は黒い兄弟・だいも入れて長男ず。等等いい加減い呼ばれている。

大人になってこちゃは・・てついじめ。てつはいつもわぁわぁ騒ぐのでおもしろがって追いかけ回し意地悪。
そして現在、さすけがわぁわぁ嫌がるこちゃを追いかけ回し意地悪中。てつ・こちゃ・さすけで赤猫トリオと呼ばれる。《赤猫は馬鹿》と云われている。
びびりやなのでしっこ大魔人
7.8kgまでデブ化したが2009年春に動物病院を変えてから満腹感サポートカリカリを主食とし、2010/5には6.75kgまでダイエット。5kgを目指す。
残り兄弟3匹母猫1匹は無事もらわれて行った。
ぶんたろ〜(13年)雄   2002/9月下旬生まれ   いつでもご機嫌で優しい・・・・ちび画像
拾われっこ。どnの大のお気に入り。
どんと比べるととっても洋猫っぽい。今までの猫の中では一番の元気脳天気。誰にでも甘たっれてかわいい。人には優しいが、猫相手にはとても強気。特にやいちにしつこい。
巨大食道症になったのでダイエットした。基本・・4.7kg。
どんボスとぶんたろ〜。
龍う太と魅惑の黒猫コンビ。
田崎は黒猫が好き。
毎日・・菅又に《むちむち》と云われる。
龍う太(11年)雄   2004/3月下旬生まれ  目がきりっとした凛々しい黒猫
どn猫が死んだ後の猫の少なさに負けて貰った仔猫。
要町で人慣れしていた長毛・野良母猫の子供。2ヶ月程で確保されるが、あまりの凶暴さと体中に白毛があることから先行きを心配され、仔猫慣れした我が家に来ることに。写真のりりしさに驚き、預けられていた獣医さんに行って抱いたときの渋さに即断。
本当に凛々しく男らしく優しい。どn亡き後のボスとしての将来も期待大。(期待はみごとすかされた。他の猫に興味なし。1匹狼。)
どnによく似ていて、折鶴蘭の持ってこいが得意。
基本5.15kg。
貰い物の鼠おもちゃ《ちゅちゅう》が大好き。いつでもどこでも一緒。
さすけ(11年)雄   2004/5月中旬生まれ     実は・・・猿・・・・ちび画像
これが問題の猿猿。
諸事情で拾い宅が育てられないということで、里親として預かった。が、あまりに手間暇のかかる事・菅又命といい張る事・途中からあまりの猫離れした容姿等等から又や堂猫になることに。ともかくうるさい、おっぱいを飲むのに時間かかる、しっこうんこもなかなかしない、寝ない。2時間起き3時間起きに空腹騒ぎ。
もしだい猫がこんなに手が掛かったら、うちは今頃だい1匹だっただろうと云う位。睡眠不足でどれだけ泣かされたか。
ス〜パ〜のビニ〜ル袋に入れられて神田川・方南町付近を流れていたそうな。
同じ猫とは思えないような変わり方・・・。何故に、どうして・・。
だらだらずるずる、とても猫と思えないような性格。
なんでも他の猫の物が欲しい。ともかく横取り。猫缶でもカリカリでもおもちゃでも場所でも。他の猫は大人、すぐ諦める。ますます性格が悪くなるから教育的指導をして欲しい。
何の種類の猫だか知りたいもんだ。いまだに猿と呼ばれることが多い。
アリクイとも云われる。
目つきが悪いのが可愛凛々しい。
龍う太の腰巾着。田崎備品とも云う。
龍う太が鳴けばいついかなる時でも飛んでいく。いつも舐めまくっているが、実は龍う太に嫌がられている・・。
毎晩田崎の懐で抱きあって寝る。龍う太と田崎には優しいが、他の猫たちはぶっ叩く。情け容赦なく叩きまくる・・。何故・・。顔が・口吻が長いので、鳴き声はこもっていておかしい。
龍う太と2匹・・虫取り名人。植物は毟りまくるし・・。かわいい・・。
日々、田崎の支え。田崎はさすけに依存しているのだ。基本5.0kg。

又や堂・表紙ゑ