又や堂 / 菅又のよろず能書き続編・2011年2/6〜


2018/06/21(木)

《若松町マンション505号手直し・雑作業諸々》
給湯管設置が済んだ下駄箱内部に配管隠し設置。棚板も変形加工。

全撤去中のキッチンに作業用仮設小流しを設置。

トイレのペーパーホルダーが右肩後ろにあって、体をねじって無理な姿勢で紙を取らなければならん。
左肘前に移設して何とか使えるようになった。
狭くて選択肢がないとはいえ付ける前に座って試せよ。(前の店子はそのまま使っていたんだね)

押入の中段を撤去した跡はモルタルが凹んだままなのでGLボンドで大雑把に埋めておく。
綺麗にパテ処理するのはクロス屋に任せる。

キッチン周りの板金作業のためステンレス板を切り出しておく。
厚くて硬くて斬りにくいんだ。
手が疲れたから曲げ加工は明日。


2018/06/20(水)

《南砂で天井灯交換大小。》
帰路八丁堀で産廃マニフェスト購入、中野坂下で猫砂。

帰宅昼食後、《若松町マンション505号手直し・瞬間湯沸器廃止作戦・給排水変更》
排水位置が変更になるので斯様に引き延ばす。
壁出しの蛇口は廃止して流し台天板のワンホール混合栓に変更するので、立ち上げ鉄給水管を切断撤去し耐衝撃塩ビ管で混合栓用給水位置まで引き回す。
樹脂給湯管も指定位置までぬるぬる引き回す。
ガス管周りに雨漏りを発見したので近日中に防水屋と打合せだ。
続く。

折り図はいよいよPhotoshopにかける。
Start Photoshopping the diagrams of Orion shuttle origami


2018/06/19(火)

《若松町マンション505号手直し・瞬間湯沸器廃止作戦/樹脂給湯管引き回し・キッチン撤去》
昨日床下に通しておいたロープに樹脂給湯管を繋いで、キッチンからユニットバスの床下を経由して下駄箱まで引きずり込む。
玄関外の給湯器から給湯管を分岐し、外壁経由で下駄箱の中へ引き込み、キッチンに向かう管と接続。

キッチンでは、流し台を撤去して床をめくり、給水・給湯・排水・ガスの取り出し位置を確認・経路を確保。
壁面にあるガス栓・水道栓は全て廃止。
給水管を作り替えるので、既存鉄管周りのモルタルを壊して鉄管除去の準備だ。
続く。

板橋・犬ヶ島。


2018/06/18(月)

《若松町マンション505号手直し・瞬間湯沸器廃止作戦始動》
ユニットバス下の空間状況把握のために写真を撮ったら見つけてしまった。
脚が電線を踏んでます。手が届かないし無理に直すとユニットバスのパネル目地が全体的に狂ってしまうので今更直せません。そのまま踏んでて下さい。

6/15の写真にあるとおり、キッチンと浴室を仕切るブロック塀に穴を開けて、樹脂給湯管を引き込むためのロープを引き回しておく。
続いて玄関の下駄箱の側板(浴室側)と裏板(外壁側)にも穴を開け、浴室まで来ていたロープをさらにここまで引き回す。
これでキッチンから下駄箱まで一発で配管出来る。
コンクリートが堅くて死ぬかと思った。

品川でLimit of assassin、麻布、青山。


2018/06/17(日)
I just start inking the diagrams of Orion shuttle origami.

何もしない日曜日は折り図が進む進む。
午後から墨入れを開始して、3ページ中2ページ目の墨入れまでがほぼ終わった。
とはいえその後にはPhotoshopが控えているので仕上がりはまだ先だが。

SNSでメッセージを貰って初めて自分が年取ったことに気付くやあ御目出度う儂。


2018/06/16(土)
I am drafting the last page of the diagrams of Orion shuttle origami.

《若松町マンション505号手直し・瞬間湯沸器廃止作戦在宅一人作戦会議》
手持ちの道具材料と相談して新規給湯管引き回しの具体策を練る。楽しい。首休養も兼ねる。昼寝もたくさんする。

折り図の定規引きは最後の頁に突入。
形はシンプルなのにやたらと線を引いている気がするのは何故だらう。


2018/06/15(金)

《若松町マンション505号手直し・瞬間湯沸器廃止作戦調査稼働・可動間仕切用下枠加工》
瞬間湯沸器があるが為にキッチン蛇口から分岐配管が伸び、本体もガス管もコンロの上で炙られる危険性が高く、使用時に換気扇を回さず事故発生のリスクも高い。
浴室に繋がっている外付け給湯器から給湯管を引き込めば瞬間湯沸器は不要になり、キッチン壁面の水道・ガスの配管が一切要らなくなる。
ので、床を切り、ユニットバスの点検口を開けて作戦を立てる。

可動間仕切りの下レールを取り付けるために、引き戸(襖)用だった敷居の溝を電動カンナで削り落とし、さらに溝切り鋸で下レールの埋込溝を指定寸法で彫る。
でも建具セットの入荷は7月らしいから気が早いか。

帰宅後銀行業務。


2018/06/14(木)

《若松町マンション505号手直し・ガス屋打合せと軽作業》
キッチンパネルを貼るためにガス栓2カ所を一時撤去(そのまま埋め殺しかも)と別ルート迂回するのでガス屋と現場下見打合せ。
ついでに仮設灯がぶら下がって邪魔だった玄関とトイレの天井灯をLED灯に交換。
クローゼット周りの墨出しとか諸々軽作業を済ませて井荻へ。

《井荻でテレビドアホン交換》
6/9に不調調査したドアホンがやはりだめなので新品に交換。シンプル機能ですっきり。
ついでに犬走りの雑草取りと除草剤。

《その近所でドアチャイムボタン交換とラティス塗り直し》
6/7にチャイムを増設したが、玄関押しボタンが接点剥き出し蜘蛛が巣を作るしすぐに接点が錆びて鳴らなくなるのでちゃんとしたボタンに交換。
前回パーゴラ塗り時に塗料不足で中断したラティスゲートを塗り直し。

珈琲豆買って石神井で食材、練馬で部材。
帰ったら恒例爺の夕寝。


2018/06/13(水)

《若松町マンション505号手直し・クローゼット準備開始》
トイレとユニットバスの換気扇は斯様にタイマスイッチで独立。
明かりを消しても換気は続く。

床を切開してガス管床下経路チェック・狙ったとおりだったので小躍り。

換気扇の排気方向が不審なので試しに外してみたら案の定ダクトと排気方向が90°ずれていた。一体何が。

4ミリベニヤだった押入の床を12ミリコンパネに打ち替える。
クローゼット折戸枠用下地組み開始。

Peter rabbit


2018/06/12(火)

出動がてら田崎病院送迎。

《若松町マンション505号手直し・電気工事間もなく終了》
昨日天井裏迂回配線したキッチン手元灯電源線は吊り戸棚の中で斯様に収める。
戸棚天板から天井に至る部分は曲線対応蛇腹カバー。

トイレの換気扇は天井灯と同回路なので、明かりを消すと換気扇も止まってしまう。
別電源から専用タイマスイッチを繋いで換気扇を独立させる。

ユニットバスの換気扇も同様に明かりと同回路なので、スイッチボックスの裏を抜いてユニットバスの隙間に通線して換気扇専用回路を確保。
これで電気工事はほぼ終わりだ。

クローゼットと間仕切り折戸の取り付け開口寸法を測定。
柱が歪んでいるので余裕目に。
続く。

田崎回収後、電材屋で仕入れ。


2018/06/11(月)

《若松町マンション505号手直し雑作業色々》
ネジ穴が馬鹿になった上にネジが間違っていたドアクローザーはネジ穴を直し正しいネジで締め付けて一件落着。
6/1に書いたキッチン手元灯の電源は、危ないコンロ上を廃止して天井裏経由で天井コンセントからの分岐に変更した。
クローゼット折戸とか可動間仕切りがつくので、上レール取付用下地をコンクリートに打ち付ける。
コンクリートがえらく堅くてなかなかドリルの歯が立たんので下手な鉄砲を数打つ。

続く。


2018/06/10(日)
昼までよく寝た。

ORION折り図は清書用の下書きを定規で引く所まで来た。
放射線(Radio isotopeではなくて)がいっぱい。


2018/06/09(土)

《井荻でTVインタホン不具合調査・室外機雑草対策》
TVインタホンの呼び鈴は鳴るが通話が出来ない。
玄関子機を見ると、カメラ周りに水が溜まっているOMG。
子機をばらして水を抜き、拭き取って乾燥させて組み直したが症状は変わらず。
廃盤商品で、修理や子機交換よりも丸ごと換えた方が安く上がりますので次回。

エアコン室外機周りがドクダミに埋まっていたので根こそぎの上雑草防止用の固まる土を敷いて水を撒いて放置すると、歩ける程度に固まって水を通し草は生えにくくなるのでばっちり。

《六本木で毎年恒例竹藪剪定》
伸びまくっている竹その他の枝を規定範囲まで伐採。
いつも通り袋詰めしてマンションのゴミ集積場に運ぶ(自分で捨てる宣言により又や堂は産廃処分依頼は受けていない)ため管理人に報告したら、新入り若造管理人は「聞いてません困ります前の管理人が月曜に来るので相談しますからそれまで自宅で保管してて下さい」とかぬかすので「毎年恒例だ今電話して聞け」と言いクライアントも「前の管理人さんはちゃんとやってくれたのに云々」というと、やっと「ではゴミ置き場ではなくて車両進入路の脇に並べておいて下さい」と折れた。
なんだ自分で運びたくないだけじゃん。
若いのに管理人って働きたくないってことかい。
別件でまた後日。


2018/06/08(金)
《シャンソン先生宅の犬をペットホテルから回収》回収したのはお弟子さん。儂は運転手。

リターンマッチ《大井埠頭で産廃捨てる》
周りにビルがない大井埠頭快晴。
期限切れ契約書に訂正印を押して今日まで使用可に。いいのかそれで。

帰路麻布で食材。

夕刻Deadpool 2。スタートレックな意味で凄い。


2018/06/07(木)

《井荻でドアチャイムスピーカ増設・産廃積み込み・パーゴラ塗り直し・植木伐採》
常駐する部屋でドアチャイムの音が聞きにくいので、増設スピーカー設置。
川沿い植え込みの樹が二階ベランダにかかって邪魔なのでさっぱりしてくれというのでさっぱりした。
枝の山は刻んで、葉・枝は袋詰め、太い枝は束ねて普通ゴミ仕様に。クライアントが自分で捨てるそうだ。
6/2の太いパーゴラの解体廃材を積める長さに切って積む。

《産廃ほぼ満載で大井埠頭へ・でも契約切れで降ろせずそのまま帰宅》
途中珈琲豆屋に寄るが体調不良による臨時休業。休め休め。無理するな。
環七一本道で大井埠頭の産廃プラントに到着するも、2月いっぱいで契約切れで降ろせずそのまま持ち帰る。
明日契約書を持って再出動だね。
くそくそ。


2018/06/06(水)

ガス屋を呼んで自宅ガス工事の打合せ。
おかげで工房も店も片付いた(少し)。
一階トイレ天井裏におあつらえ向きに分岐プラグがあると思っていたらこれはバルブだったので作戦却下。
別ルートの作戦がよさげなので今日は解散。

若松の解体廃材を積んで電材屋入荷部材を引き取って猫缶買って自宅の産廃も積み込み。                                 
ちちはだれだろうとか云っているひなこ。


2018/06/05(火)

銀行業務諸々。

《若松町マンション505号手直し開始・押入・まぐさ解体》
ここも類いに漏れず例のいい加減な大工が手掛けた部屋なので、色々不審なことが雨あられ。
ドアクローザー不具合は間違ったネジで取り付けられていたのでぐらぐらしていてああだから後日。
玄関小窓の網戸は大工のせいじゃないが外壁塗装で塗り固められて動かなかったので直した。
例によって壁用じゃない木目ベニヤとプラスチックアングルは壁紙にするので全撤去・嗚呼すっきりした。
壁の二連スイッチに床から露出配線が繋がっていて、調査したところ上からも下からも電源線が入っていておーい火を噴かなくて運が良かったな一体どういうつもりだ回避方法を検討するので後日。
寝室の引き戸は4/2(log87)と同じ可動間仕切り折戸に変更するのでまぐさ(頭上の下がり壁)を解体。
押入もクローゼット折戸にするので鴨居と中段と床の5.5mmベニヤを解体。
初っぱなからてんこ盛りだ。続く。


2018/06/04(月)
自宅雑作業と真夏対策。
例えば3階物干し部屋は西日直撃で平気で50℃にもなってしまうので、西側サッシの網戸レールに仕掛を施したベニヤ板を差し込んで完全遮光する。
左下に見える居間の天窓も熱線入り放題なので塞ぐ。
ベランダの透明波板も塞ぐ。

石神井大物作業の間に鉄骨奥倉庫が大型道具大型材料で通れなくなっていたので仕分け片付け。

5/29に終わった隣のビルの空き部屋はトイレのドアに小さいへこみが見つかったのでパッチ修理の予定だったが、不動産屋と店子との話し合いで「パッチシールを儂が投函して店子が自分で貼る」という結論に落ち着いたのでポストに入れた。

見積もりとか一人作戦会議とか。
夕刻大泉に向かうも田崎首痛で吐きそうなのでそのままとんぼ返り。


2018/06/03(日)
I am drawing diagrams of the Space shuttle ORION origami.

カリカリ大袋三種を小分け真空パック。
空気に触れず冷暗所に置くのが長期保存の秘訣。
真空パック機は他に使っとらん気がするな。

[Space shuttle Orion(2001:Space odyssey)]の折り図は荒下描きが終わったので清書用の下書きに進む。


2018/06/02(土)

《井荻で太いパーゴラ解体(一部残し)》
左下の基礎立ち上がり部分を始め数カ所が腐って危険なので解体、でも一番奥は犬用ゲートとして使っているので残す、と言う依頼。

まずはトタンの笠置を外し、角梁同士を留めているビスを取り外す。
角材を外しながら固定されていたインターホンケーブルも順次追いかけて外す。
角を外した断面はトタンを加工してカバーを作り、無かったことにする。
すでに撤去した火打ち(斜め材)を右上に移植して強度を維持し、構造上は作業終了。
ケーブルの取り回しと保護塗料の塗り直しはまた後日。

帰宅後食材ツアー・石神井吉祥寺青山。


2018/06/01(金)

田崎とかかりつけ医者で首の検診と牽引と処方箋。鎮痛消炎湿布がなくなったから。

《近所集金と若松町下見》
今回は窓の多い初の南西角部屋で、主な依頼は押入のクローゼット化だが、相変わらずなんじゃこりゃな直しが色々と。
例によって壁用じゃない木目ベニヤを壁に貼って、押さえにプラスチックアングルをいいかげんな両面テープで貼ってあるが、ずれてるし押さえになってない。しかもださい。ベニヤも浮いている。
流しの底板は、排水位置のずれを直していないため大きく切り欠いたままになっている。
吊り戸棚の扉は換気扇フードの縁板に当たってちゃんと開かない。
コンロ上部にコンセントがあって危ないしパネルは割れてるし仕上げは汚いしそこからキッチン手元灯電源を引き回していて変。
まだまだ盛り沢山なので今回も楽しそうだ。


2018/05/31(木)

税務書類提出・請求書送付・いろいろ一人作戦会議。あとは首休養。
バーフバリ(すげー)観ながら手抜き晩飯は牛丼。

石神井で5/25に突然組み上がった貰い物の棚は、斯様な仕掛で組み立てられている。
ダボ穴に専用ネジをねじ込み、受け側の埋込金具をドライバーで回すと専用ネジの頭を引き込み板同士が密着する作りになっている。


2018/05/30(水)

首痛爺休養日及び決算書類仕上げ(田崎が)(儂は横で踊る)。あとはよく寝る(腰も痛いしな)。

昨日の隣のビルネタ。
「ユニットバスドアパッキンは少し大がかりになる」と書いたのは以下の理由。
扉の樹脂面材を固定する縁ゴム(通称「グレチャン」)は、素材は安いが扉をバラバラに解体してゴムを交換して組み直す必要がある(まあ大した手間ではないが)。
ドア枠の気密ゴムは、正面から嵌め込むのではなく枠材の切断面から差し込む仕様なので、ユニットバスからドア枠を取り外して(製品によって簡単に外せない場合がある)これまたバラバラに分解し、ゴムを引き抜き交換して組み直し(防水機能も修復)、枠を再設置再コーキング。
数百円の部材交換に数万円の工賃が掛かるので、じゃあ次回にしましょうか、と言うことで丁寧に掃除して今回は見送りになったのだ。


2018/05/29(火)

《石神井バレエ教室更衣室増殖計画・追加をちょっと。》
換気扇電源から分岐して、棚の足元に仮設コンセント増設。
棚の足元は高さ調整のためベニヤ片が見えていたので、木口テープで隠す。
ポリカパネルのドアは華奢なのでドアノブ以外に上下にかんぬきを設置。
以上完了。

《隣のビルで空き部屋クリーニング完了》
冷媒管保護テープも巻き直して掃除掃除掃除終了。
若干気になるユニットバスドアパッキンは少し大がかりになるので次回に。

一息ついたところで若松町マンションから次のお呼びが。


2018/05/28(月)

《隣のビルで空き部屋クリーニング開始》
石神井大物が長く掛かったので待っていて貰ったのだ。

下見の際に既に発覚していたが、謎の物体でキッチンの排水が完全に詰まっていたので、腐食等でトラップ交換かと思いきや、分厚い脂の層(約1センチ)が腐っていただけだったので掃除掃除掃除で無事開通。
ユニットバスの床のざらざらした凹凸に汚れが入り込んでいるので洗剤とブラシの細動で地味にじっくりがしがし落とす。
あとは普通の掃除だ。

そう言えば換気扇フードのフィルター用パネルは脂と埃で隙間無く埋まって全く排気していなかった。コンロには埃が積もっていた。
ちなみにここに短期入居していた女性は目出度く結婚してここを引き払ったんだそうだが、どうすんだ。

あー。
続く。


2018/05/27(日)

今日は久しく何の予定もなく昼まで寝て、北欧ドラマを見ながら次の折り図[Space shuttle Orion(2001:Space odyssey)]の準備に突入。
でも相変わらず首が痛いので遅々として進まず。


2018/05/26(土)
石神井大物作業がやっと終わって一息つこうと思ったら、長年の大得意クライアントさんが住まいを畳んで介護ホームに引っ越す日だったので,急遽連絡を取って田崎と共に馳せ参ず。
引っ越し作業はいわゆる便利屋が三人で執り行っていたが、クライアントさんと娘さんは便利屋の軽トラ二台に分乗して現地へ向かう予定と云うことだったので、では二人揃って又や堂ハイエースにおしゃべりしながら乗って頂く。
国分寺の介護ホームで配置・配線・額取り付け等の軽作業と今後の諸々を打合せ、住まいの片付けに戻る娘さんを送り届けて、持っていきたいというシャンデリアをチェック(私が重すぎると思うシャンデリアは天井を補強もしくはコンクリートにアンカー打ちしないと吊れません多分許可出ません危ないから)。
ではまた後日。
快適に暮らせますように。


2018/05/25(金)

《石神井バレエ教室更衣室増殖計画・棚設置・完成撤収》
嗚呼長かった。
既存建物の勝手口とこの部屋の勝手口。もう土足厳禁だ。

その対面・突き当たりの物置背板壁面には、又や堂で死蔵していた組立棚を設置。
ここは外だったので床には緩い勾配がついているため、棚の脚は場所ごとにベニヤ片で嵩上げして水平を出す。
棚の奥行きは40センチ、下三段は二組並べて80センチの奥行きを稼いでいる。
換気扇の引き紐は滑車を使って手前に。

嗚呼長かったけど一件落着でも追加が出てまた後日。

帰宅荷下ろし後、待たせていた隣のビルの空き部屋下見。


2018/05/25(金)

《石神井バレエ教室更衣室増殖計画・腰壁ボード化・網設置・カーテンレール・犬走りかっぱぎ》
腰壁が半透明というのはちょっとという事になり断熱材を入れてクロス仕上がりボードを張る。
「網戸」ではなく網を直接打ち付ける。
窓開閉時に仕掛けに手が届くように網の下端は磁石仕様。
カーンレール装着、犬走りの土掘り下げ。
やったー工事自体は終わったぞ(多分)。
明日は棚設置。

帰宅後手に負えん頭を縮小。

Rampage.


2018/05/23(水)

《石神井バレエ教室更衣室増殖計画・ベニヤ敷き込み・クッションフロア貼り》
出入口足元には靴脱ぎ場の土間があった方が良いと云うことで土間枠設置。
昨日貼ったスタイロフォームの上に,5.5mmベニヤを同じ配置にならないように接着剤貼りする。
ベニヤ板は水分を含むと反りが起こるので、貼ったそばから錘を載せて放置。
錘に使っているのは後日設置予定の重量級の棚の部材。有効な事前搬入だね。
しばし放置の後、荷物を端に寄せてクッションフロア貼り開始。
さらに荷物を移動して残り1/4も貼り、土間を除いた床上クッションフロア終了。
「いきなり部屋になっている」とクライアント大喜び。
続く。


2018/05/22(火)

《石神井バレエ教室更衣室増殖計画・土間洗い・シーラー・断熱材貼り付け・仕入れ》
いよいよ床だ。
土間コンクリートは冬場冷えるので、根太を組まずに断熱材直貼りのクッションフロア仕上げにする。
ここはずーっと外だったので,土埃やディーゼル粒子がこびりついていて接着剤が効かない。
まずは土間をよく洗う。ケルヒャーが使えないのでひたすら手で洗う。とことん洗う。今日の作業の半分は洗い。
水とブラシで汚れを浮かせ、泥水を捨てる。繰り返して色が澄んできたら濡れ雑巾を掛け乾拭きする。
それでも接着性が疑わしいのでプライマーを塗って放置。
櫛目ヘラで接着剤を塗布し、しばし放置して粘着性が高まったらスタイロフォームを貼り付けて重しを載せて放置。

現場作業はここまでにして、選択肢と在庫量の都合で仕上げ用材料を仕入れに三郷へ飛ぶ。
往復ほぼ2時間。しかも帰路はたったの30分だった。がら空き。


現行ログ/ [1]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND
旧/ちちのよろず能書き

[TOP]
shiromuku(u3)DIARY version 2.15