又や堂 / 菅又のよろず能書き続編・2011年2/6〜


2019/02/18(月)

猫も儂も爺な年寄り部屋。
偏屈なので喰わんと言ったら喰わん。汁を吐いても喰わん。

隣の空き地でボーリング調査が始まった。
道路に面していない空き地なのでここだけでは建てられない。するってえと表の5階建ても壊してまとめて建てるのか。又や堂日陰。

若松多岐にわたる見積書製作。
隣のビルのオートロック操作パネルをチェック。

島忠・オカダヤ(休館日ぶー)・高島屋。

若松町ネタ。
浴室内コーキングのひでえ事ったら眼が節穴か。
窓枠周りのコーナーアングルは接着すらされていないので枠にかかった水はアングル裏から入り放題だ。
続く。


2019/02/17(日)

爺婆は休む。昼まで起きなかった。
夕方にぶんたろーの補液セットと田崎紅茶補充に出ただけで、後はロシアMOVIEを見ながら、だらだら時間がかかっていた折紙の改訂版仕上げ・撮影。
吐きそうだった首痛はかなりまし。直りゃしないが。

Star wars TANTIVE IV 折紙 改訂版。
Tantive IV Blockade runner origami revised editionTantive IV Blockade runner origami revised edition rear view


2019/02/16(土)

宿泊友人を経堂まで送り、そのまま食材調達石神井・麻布、三月末に閉店する渋谷ハンズ模型売場に仲良し店員さんの陣中見舞い、高島屋。
渋谷模型売場「三ッ尾」は売り切りセールになっているのでこんな物まで。
主砲だけ。大和の。しかも三基。甲板とかじゃなくて砲塔だけ。しかもその下の駆動メカまで。どうすんだそれ。
同サイズの「艦橋」も発売されていたが結構早く売れてしまったそうな。まじどうすんだそれ。

若松町ネタ・これはただの技術ネタ。
2/8の給湯器交換で既存の給湯銅管を切断して作り替えた。
銅管の切断部に雌ネジ継手を半田付けする際、銅管用バーナーノズルで炙る。
直噴バーナーだと、正面は早く加熱されるが裏側は遅いため半田にムラが出る恐れがあるが、これなら半周以上が一気に加熱されるのでムラなく綺麗に半田が回る。
給水側のバルブも付けたら、給湯器を繋ぐ前に湯水の管を直結して加圧試験と管内清掃。


2019/02/15(金)

各所連絡・集金・猫缶補充・部材配達・銀行業務。
午後吐きそうな首痛でリハビリ牽引。ちょっと寝る。

客人がいるので猫共はおしなべて静か。

ええええええええ渋谷ハンズ模型売場三ッ尾が3/24に閉店!なんてこったい!WTF!

若松町ネタ。
1/29に押入中段を解体したが、とても簡単にばらせたのは、天板ベニヤは釘打ってなかったから。

昨日の便器接続口:古い継手のつばを剥がし取らねばならぬが、バーナーで炙るまでもなく簡単に取れてしまった。
接着していないとか?
実はペンキの上から接着してあったのでペンキごとぺろっと剥がれたのだ。
今までよく漏れなかったね。


2019/02/14(木)

ぶんたろー朝補液。

《若松町マンション405続き・トイレ移動一時復帰》
写真は便器奥側から撮ったところ。
便器をベストポジション(一昨日の写真)まで下げると、そのままでは既存排水管との接続に無理がかかるので、特殊継手で接続位置をずらして無理なくスムーズに流れるようにする。
後ろの謎の空間がなくなりすっきりばっちり手前広々。

ここで割り込み《504浴室排水不具合》
2018/5/1(log88)に「浴室排水水漏れ修理」をした部屋に昨日新しい店子が入居したが、浴室排水口の流れが悪いと。
以前に儂が勾配を直してあるので流れはいいはずだが、前の短期入居店子が何か詰まらせたのかと見てみると、前回修理後に管理人さんが塗った土間塗装が日焼け皮膚のようにぺろぺろ剥がれて排水口に溜まっていた。
こりゃシーラーが効いてないかまずい塗料を使ったかなので今後は作戦を変えるように。
周囲の浮いた塗膜を撤去し、排水口のゴミもとって流れは快適。
混合栓のパッキンも交換して一件落着。
写真は撮ったんだが見ても何だかわからないので無し。

《405に戻って雑作業》
一昨昨日の写真4枚目・仕上げに使われていた下地用コーナーを撤去し、キッチンパネルの見切り材を差し込み接着。
ここまで壁紙で仕上げれば綺麗に収まる。

使われていない謎の露出配線を凸凹した壁紙の下から発掘撤去(なんだそれは)。

クローゼット下枠の位置を敷居に写し、枠際までコンパネを張る。

続く。

夕刻食材調達・永福。

佐川は配達前に電話よこせと云ってもなぜ絶対に電話してこないんだ。


2019/02/13(水)

クローゼットや便器周辺部品が入荷したので引き取り積み込み。

《若松町マンション405続き・トイレ床貼り替え・ガスコンセントプレート嵩上げ・押入敷居補強水平化》
昨日取り外した便器は一旦外へ出し、凸凹で汚くて便器の跡が取れない古いクッションフロアに新品を上貼りする。明るいね。
貼り終えたら便器を仮置きして固定ビスの位置を写したらまたどけて、床コンクリートに下穴を開けておく。
排水接続に特殊継手が必要なので発注し、復帰は明日だな。

寝室のガスコンセントはボックスが壁から出っ張っていてプレートも浮いたままだった。
ガス工事ではこういう事態が想定されていない(鉄管で設計通りに位置決めするので後は壁位置を間違えた大工または監督が悪い)(昔のガス工事は融通が利かない)ので、嵩上げ枠という物が存在しないそうなので、縦横とも寸法が合わない電気工事用プレート嵩上げ枠を切った貼ったして作る。
うーむ、でも浮いているよりはましだろう。

押入をクローゼットにするんだが、敷居がぶかぶかしている。
1/29に押入を解体した時点でわかったことだが、敷居は根太の上ではなく根太から伸びた荒床にしか乗っていないからだ。
両脇の柱にも固定されていない。おもしろい。
そして押入の根太はその敷居の下半分に下向きに釘止めされているだけで、他に荷重を受ける材は一切ない。
踏んだら敷居が欠けて落ちたって事だね。
敷居の補強・固定を兼ねた根太受けを新たに作り、根太も組み直す。
続く。

大泉:Aquaman。


2019/02/12(火)

爺共が食うとか食わんとか吐くとか踏むとか。
うんこは便所の中にしておくれ。

《若松町マンション405続き・押入天袋補強・キッチン手元灯回路引き回し・浴室ドア周り壊し・便器移動準備開始》
押入(もといクローゼットだったね)の天袋天板がえらく汚れているのと全体か垂れ下がっているので、天板ベニヤ重ね張りと框増強。

キッチン吊戸棚に昔はあったのに埋め殺されていた手元灯回路を復帰。

浴室ドア周りの脱力してしまいそうな諸々を除去・作戦を立てる。

変則狭いトイレに便器がかなり手前に据えられていて、手前は狭いし便器の後ろには巨大無駄空間が。
一旦便器を外して奥に仮置きして確認、部材を発注。
クッションフロアの張り替えから始めなければならんので便器にはしばし退場して貰おう。
続く。

板橋:Mary Poppins returns


2019/02/11(月)

昨夜しっかり夕寝して夜中に起きたので寝るのが朝になり昼まで寝てだらだらして自宅軽作業をしたらもう夜になっていたので飯喰って録画ドラマ見ていたらもうこんな時間。光陰矢のごとし。それとも儂等は光速で移動しているので時間経過が云々。

若松町ネタ続々登場。
キッチン周りのコーキングがカビだらけだった(多分防カビ仕様じゃないのを使った)のはさておいて、カビのないところも何やら白色が濁っていたので切り取ってみたら、クリアシリコンの上に薄く白を重ねてあった。
ああああ気持ち悪い。
透明じゃないものに何故クリアを使うか。
奥の暗がりが透けてどんよりするに決まっているじゃないか。
コンロ台とシンクの繋ぎもどんより〜。
そしてコンロ台の切り付けには長い貝ひもが。何かの芸術か。

おまけはキッチンを背にした浴室脇の袖壁。
角に貼ってあるプラスチックのコーナーは下地用で、壁紙の下に隠れる薄い部材で強度はないので表に出してはいけない。

まだ続く。


2019/02/10(日)

休日は自宅作業諸々(っていうか家事)。
掃除とかゲロ対応ホットカーペット増設とか。
腹が丸いさすけは四角い拡張爪研ぎにのたうつ。

若松町ネタいっぱいあるよ。
1/29に「キッチンパネルが剥離して浮き上がっていたのは呆れて物が言えないので後日云う」と書いた件。
パネルが浮いた原因は、接着剤を使わず仮止めの両面テープだけで施工していたので、経年劣化でテープの粘着力が低下したためだ。
キッチンパネルは、初期接着力の弱い変性シリコン系接着剤(硬化すれば強度はばっちり)が硬化するまでの間、初期接着力の強い仮止め両面テープ(そのうちへたれる)で状態を維持する施工方法を取るので、やっぱり施工した奴は馬鹿だと云うことがよくわかる。

浮いてしまった物はしゃあないので、接着剤カートリッジにエルボアダプタ、ロングノズルを繋いで出来るだけ奥まで接着剤を送り込み、両パネルの継ぎ目にも行き渡るように塗布したら、平角材で押さえてジャッキで押し付け一晩放置する。
しっかり接着され浮きはなくなったが、左右の入り隅処理が汚くて吐きそうだ。


2019/02/09(土)

まあ確かに雪が降ってはいる。
部材調査一人作戦会議などして居ったんじゃが、首痛爺が猫共の攻撃を受けるといとも容易く気絶してしまうので、ぶんたろ補液セットと便所砂だけ仕入れたら後は諦めて首養生昼寝。
恒例何も進まない。

若松町ネタ。
2/1の吊戸棚・レンジフード周りの作業時に、レンジフード排気ダクトを修正した。
せっかくの150φのダクトが斯様にクランクして断面積半分になり無駄な抵抗を作っていた。
しかもクランクの理由は、ダクトを縮めたまま使っていたため曲げられなかったからだ。
アルミダクトは伸張時約4mの長物を約80センチほどに縮めた状態で売っていて、最大5倍の引き延ばし具合の調整で自在に曲げて使う。
伸ばさなければ直管のままだ。
だから短く斬って伸ばして繋いだ。
多少歪めたので断面積80%位だが、緩やかなカーブになり抵抗もなくなった。
伸ばして使うのを知らなかったとしか思えないが、手前側は伸びているのに何故。


2019/02/08(金)

《若松町マンション402給湯器交換》
2/4に不具合が発覚した給湯器を新品に交換する。
まずは儂が給湯器を撤去、給水給湯管を作り替える。
写真の通り、配管を切断しないと給湯器が撤去出来ない(間違い)ので、斬る。
給水側はバルブ、給湯側は平行ネジニップルにして、機器を簡単に着脱出来る仕様にする(当たり前だ)。
保温材を巻いて管を固定し、午後にガス屋が来るまで待機なので《若松町マンション405続き・キッチン周りコーキング・浴室駄目目地ほじり・トイレ天井復帰》して待つ。
ガス屋が給湯器を設置して浴室リモコンを取り付けている間に、儂が給水給湯管をフレキ接続。
フレキも保温材を巻いて完了。
給湯器の正面すぐ近くに袖壁があるので、正面向きの排気を横に逃がす排気アダプター付き。

水漏れ修理や電気配線のためにおとろしいことになっていた405のトイレ天井は新しいLED灯と新しい換気扇、スイッチは別立て。
続く。


2019/02/07(木)

ぶんたろの連発げろが収まるのを待って補液。
途端にご機嫌になって飯喰って寝た。

《若松町マンション:305号シャワー混合栓交換》
昨日のツーハンドル混合栓をサーモスタット混合栓に交換。
湯:水の比率をそのままで止水出来るし、シャワー/カランの切替もわかりやすい。
ついでに洗い場排水トラップのつまりも解消して快適。

《若松町マンション405続き・浴室天井完了》
天井材を張り終え、換気扇と天井灯も復帰して、後はコーキングだ。
が、よく見ると壁面パネルのコーキングが昨日の部分のみならず全部隙間だらけであることがわかり気が狂いそうだ。こいつは自分の仕事を見ていない。

帰宅後請求書書き後、シネマロサ:蜘蛛の巣を払う女。


2019/02/06(水)

301の給湯管延長の部材調査と402給湯器交換の打合せと《若松町マンション仕事また増殖:305混合栓不具合下見》
浴室混合栓のコマを以前にも交換したが、もう本体がかなり傷んでいるようできつく締めても水が止まらない。
もう本体を交換しましょうって話。

《若松町マンション405続き・浴室天井材施工開始》
浴室専用の樹脂天井材だ。通称「バスリブ」(固有の商標なので今回のは違う名前)。
周囲に見切り材,魏鵑掘▲僖優詼楝劉△鯑佑付けてツバを天井下地にビス留めする。見切り材を,砲呂畊んで際をコーキングして仕上げるんだが、買い物があるのでここで放置して仕舞い。

余談:浴室内壁面のコーキングはくそ。意味がわからん。

資材調達に豊洲。田崎も便乗。


2019/02/05(火)

《中野飲食店追加工事・ドアガード設置・カウンタ出隅切落し》
入り口引き戸の開閉時に扉がテーブル席の客にぶつかってしまうので半解放戸袋を作る。
引き戸枠と同じつや消し黒のアルミ角パイプで骨を組み、全面を覆ってしまうと圧迫感があるので、背もたれから頭までを守る部分だけを壁にする。
壁紙も貼るよ。

カウンターの出隅が直角でみんな当たる。みんな痛い。
ジグソーで丸く切り落とし、近似色の木口テープで仕上げる。
もうあんまり痛くない。

帰宅後は龍う太が一人っ子全開だったのでわかったよ一緒に寝てやるよということで爺の夕寝。


2019/02/04(月)

《若松町マンション仕事増殖:402給湯器不具合》
昨夜から給湯器がエラー停止し使えなくなったと。
見てみると確かに電気系統のエラーコードが出てフリーズしている。
コンセントを抜きしばし放置してまた挿すとリセットされてもう使えます。
でも古いからまたエラーが出る前に交換する段取りに。
ここは給湯器を先に設置してそこから湯水の配管を伸ばしているので、配管を壊さないと給湯器の交換が出来ない(むかつく)。
しかもスイッチプレートのネジに被さっているのでスイッチの修理(するとしたらだが)も出来ない(むかつく)。
舐めてんじゃねえぞ。
早速ガス屋が来て下見していった。さて戻ろう。

《若松町マンション405続き・板金屋》
コンロ台の横・調理台側面は白い化粧板が油まみれになって掃除しにくいし耐火性じゃないのでステンレス板を張って万事解決。
そしてコンロ台の左端は3センチくらいの隙間で調理カスが落ちたら掃除出来ない。感じ悪い。
ので、ここもステンレス板金加工で塞ぐ。接着剤が硬化するまでテープで仮押さえ。
キッチン周りの細工がほぼ終わったので、コーキング用バックアップとマスキング開始。
コンセント交換とか換気扇用下地組みとかもな。
続く。


2019/02/03(日)

ハイエースの田崎助手席ドアが冷たいので何か貼れと云うので、厚さ5mmの柔らかい発泡シートを貼って断熱してみた。
見た目に問題があるが機能は果たしていて寒くはないらしい。
もう少し柔らかく色が変じゃないのに換えるか。

巨大W爪研ぎは中古品の結合なので表面がへたりまくっている。
電動鉋で削るぞー。
大成功。5ミリほど薄くなったが消耗品なのでどんどん削れば良いな。

夜遅くに板橋: Miles 22


2019/02/02(土)

《若松町マンション405続き・吊戸棚はもう落ちない・その他》
レンジフード脇の謎の隙間は斯様にキッチンパネルとステンレス板で囲われコンセント付きに。

昨日謎の板群を外した吊戸棚に天板内寸ぴったりのコンパネを全面接着剤併用で骨組みにビス留め。
これで天板用吊りボルトの負荷は天板全体に伝わり、落ちたり傾いだりしない。
裏板の上下の骨部分も壁面にビス留めしてしっかり安定した。
っていうか普通そうする。ああ気持ち悪かった。

浴室の天井復帰のため、胴縁材で浴室用樹脂天井の下地入れを開始したところで今日は仕舞い。

帰宅後食材ツアー、石神井・荻窪・麻布。


2019/02/01(金)

問屋と打合せ・発注。

昨日寸詰めした《籐の屏風を四谷に配達》、そのまま《若松町マンション405続き・何故吊戸棚が傾いている・その他》

キッチンの吊戸棚が手前に傾いていて不審。
ご丁寧にアンカーボルトで梁に吊ってあるが、この吊戸棚の天板はただの薄ベニヤで、吊りに耐える造りになっていないので、斯様に1センチ以上の隙間が空き、剥がれて落下する寸前だった。
殺す気か。
裏板に打ったビス(しかも骨の無い中空部分)も穴が縦に裂けていて、事故になる前で良かった。
吊戸棚を外してみたところ、補強板のつもりらしくいろいろ細板材を添えてあったが、一体何をしたいのかさっぱりわからない。何の役にも立っていないし。
梁下はほぼ水平だが壁面が垂直では無いので、調整補強下地を幾つか入れて垂直面を整える。
吊戸棚に添えてある訳のわからん物を全て撤去し、吊り用補強は明日材料を揃えてからだ。

その左側レンジフードの左側面は変な隙間がある上に、側面上部は剥き出しで横からダクトが見えている。
塞ぐだろ普通。
ステンレスとキッチンパネルで塞ぐための下地を組む。
天井の穴は換気扇用コンセントだったが隠蔽結線に変更し、そこから内部分岐して調理家電用コンセントを増設。

さらに浴室天井の下地木材復帰に突入。

帰宅後駐車場事務しながら気絶。


2019/01/31(木)

早朝に若松町マンションの火災報知器断線警報が鳴ったと連絡があったが、別件を済ませてから寄ると伝えて予定現場四谷へ。
《四谷で玄関内防波堤撤去》
半地下の部屋で、大雨時の雨水侵入を防ぐために玄関ドア枠に高さ15センチほどの防波堤が取り付けられていたが、最近冷蔵庫が故障して買い換え、運送業者が「この防波堤があると運び込めません」と抜かしたというので(そんなことはねえぞ)、且つ昨年外階段の改造で雨水侵入は回避されたので、邪魔不要な防波堤を撤去する。
完了後、籐の屏風の高さを見た目はどうでもいいから少し詰めたいと相談されたので持ち帰って寸詰め。

帰宅後はクライアントや問屋と打合せ諸々。
夕寝後板橋 Suspiria。


2019/01/30(水)

午前中は事務作業・銀行業務・積み替え・部品加工。

昼前頃から問屋経由で《若松町マンション405続き・主に電気工事諸々》
昨日の壁スイッチボックスに浴室換気扇用タイマスイッチを組み込み、裏配線を組み換え。ここは終いだ。

キッチンレンジフード周りの不始末をいろいろ検討。

昨日クロゼット内でトイレ裏に引き込んだ電源線を結線、配線カバーで隠す。
トイレ内ではその電源線から換気扇スイッチとコンセントを新設するので、排水本管カバーに上から糸を垂らし、細い線を引き込んでから本設のケーブルに差し替える。
タイマスイッチとコンセント設置完了。
換気扇ダクトも設置して、次は天井復帰なのでここは放置。

リビングには洒落たシャンデリアが二組吊ってあったが、暗いしイメージ限定なので普通の明るいLED照明に換えることに決定。
シャンデリアを外してみたところ、9.5mm石膏ボードの下地の無い位置でねじ込みアンカーだけで吊ってあった。
殺す気か。
トイレと浴室の天井灯も下地無しのベニヤに直ビス打ちだった。
ここの電気工事をした奴はよっぽど下地が嫌いらしい。
別のネタもあるがそれも後日云う。

押入の敷居がぶかぶかしているので邪魔な板を切除して患部がよく見えるようにした。
何じゃこりゃ。
続く。

帰宅後とんぼ返りで田崎をオカダヤへ。
目白クイーンズ。


2019/01/29(火)

《若松町マンション405続き・換気扇回路増設2系統・キッチンパネル剥離修正・玄関扉建付調整・押入解体》
トイレも浴室も換気扇は天井灯と同じ回路に繋がれていたので、換気扇を回すには電灯を点けっぱなしにしなければならなかった。
しかし換気扇は電灯の用が済んでからしばらく回しっぱなしにすべきなので、電灯から独立して別回線をひねり出す。
浴室天井は1/11に壊してあるので、天井裏壁際に開けた穴から錘を付けた糸を垂らし、キッチン側スイッチボックスの奥に開けた穴から掃除機で糸を吸い出す。
その糸に細いインタホンケーブルを結んで引きずり込み、続いてスイッチ回路用の1.6mmケーブルに差し替えて浴室換気扇回路は確保出来た。
トイレの背面は半間のクローゼットで、更にその対面壁外側にコンセントがあるので、電源線を壁上に引き上げ、トイレ側ブロック壁に穴を開けて線を送り込む。
その先は便器の移設(位置を少しずらす)が済んでからだね。

キッチンパネルが剥離して浮き上がっていたのは呆れて物が言えないので後日云う。

ドアの動きが悪いので蝶番にワッシャをかませたら上が当たった。
外すと下が当たる。
つまり歪んでいるので後日削ると云うことで。

クローゼットにするので押入を壊す。

帰宅後高島屋オカダヤ。


2019/01/28(月)

《賃貸駐車場フェンス扉作り替え》
フェンス寄りに2台縦列で駐めたいと相談があったが、現状ではガスメーター点検用扉にかかってしまうため、扉の位置と向きを作り替える。
扉そのものも崩壊寸前だったので組み換えと補強を少々。
内開きにしたので多少かかっても大丈夫。

《若松町マンション405続き》
1/11に「開始」とか云いながら若松町に行っても他の部屋の水漏れとか何とかで全然進んでいなかった405にやってきたぜ俺は。
恒例押入をクローゼット折戸にするのでレーザーレベルで開口部の寸法と歪みを測り、建具の発注寸法を決める。
隠蔽された給排水の位置を描き出して、勾配修正や電気工事兼用の点検口設置箇所を検討。
つまり作業はしないであちこちひたすら測っていたのさ。

猫カリカリ缶詰補充。

夜は《賃貸駐車場経理準備に突入》。


2019/01/27(日)

ゆっくり首休めの後、食材と田崎が昨日買ったヴィンテージ電球ブラケットをもう一組買わんと石神井へ。
球は切れていたから新品に換えて貰った。
オカダヤは歩行者天国のため断念し、帰宅後は二人とも気絶。

1/15に始まったぶんたろ自宅補液は、100ccを2日に1回のペースで軽い脱水気味程度に落ち着いて順調。
当人も通院のストレスがないのでリラックスして喉を鳴らしている。
針を抜いて「終わったよ」と言うと、ひょいひょいと液体飯を食べに行く。
吐く率も低め。

石神井サミットのトイレに貼ってある日本の貧乏くさい実情。買えよ。
お願いと書きつつも何もお願いしていないが。


2019/01/26(土)

客人を経堂まで送って、田崎植物物色石神井。
その途中で若松町から水漏れ呼び出しがあったので、帰宅軽食後《若松町マンションで緊急水漏れ修理》。

立て続けに掃除口不具合が続いたのでもしや今回もと思ったがさすがに違った。
4階キッチン天井裏を見ると、排水管に問題は無く、コンクリの割れ目から水が染み出している。
つまり5階キッチンの床下で水がこぼれているので、外出中の店子の許可を取って立ち入り調査する。
掃除口どころではなくこれは酷い人災だ。
縦パイプにエルボが被せてあっただけで接着されていなかった。
しかもすでに外れていた。そりゃ漏るわな。っていうかだだ漏れ。
エルボから手前を撤去し、片差しエルボ(パイプ内径に差し込むタイプ)で同寸の部品を作り直してちゃんと差し込み接着する。
これでもう漏りません。
蛇腹ホースを差し込んでビニルテープを巻き、テープが剥がれないように最終端に塩ビ接着剤を着けてしばし押さえて完了。
水道屋の(と言うか水道工事をした奴の)人災の何と多い事よ。

買ったばかりなのに鶏腿が切れない包丁の交換と食材物色高島屋。


2019/01/25(金)

《天沼でカーテンレール移設》
天井際のカーテンボックスにレールが2本あるが高すぎて扱いにくいので、欄間と掃き出しの上枠に分けて移設する。
枠の内寸に合わせて、ステンレスも切れる丸鋸でレールを切る。
まあそれだけなんだが。

帰宅後は来客対応片付けっていうか掃除。
時間が空いたのでめちゃくちゃな倉庫の整理でもしようと思ったが首が痛い気がする。
そう言えば今朝は全くの上向き作業だったので躊躇無く昼寝することにした。


2019/01/24(木)

《天沼で下見打合せ》
帰路に資材物色と珈琲豆。
請求書配達と部品調達。
大久保の路地裏にある謎の構造物。

夕刻、板橋"Glass"

Tantive IVの模型と折紙を比べるとやっぱり短い。頭がでかい。
いくらか改良点が見えたので試してみる。
やっぱり短いが。

I am retouching Tantive IV blockade runner origami.


2019/01/23(水)

《隣のビルで門扉電子錠調査》
オートロックの門扉錠が反応しなくなり、手動開閉錠のみになっている。
解錠ボタンは電子音が出るし、錠前の電源は安定した電圧が出ている。
電子錠はさほど難しい構造ではなく、カギを開けるとスイッチ1が入り、ドアが閉まるとスイッチ2が入って施錠モーターが回る仕組みだ。
内部のスイッチ類にも供給電源にも問題は無いので、こりゃモーターが焼けたと見た。
門扉の型番と電子錠の品番をガラス屋に伝えて調べて貰っている。
ではまた。

解体していない産廃が邪魔になってきたのでばらす・分ける・まとめる。
古いダクト換気扇をプラと金属に分別すべく開けてみたらうっぷす。
排気しないだろー。
手の届かない天井裏でメンテナンス出来ずにいたのでこんなことに。
ほとんど換気扇として機能してなかったからただの騒音器だな。

賃貸駐車場の枯れ枝枯れ葉蔓露草を大ゴミ袋で3つ分。


2019/01/22(火)

《動物病院でオペ室手洗い器シャワー及びペダルバルブ交換》
かかりつけ動物病院の手術室にある手洗い用シャワーの足踏み式バルブに不具合が生じ、出なかったり止まらなかったりすると。
しかもシャワーの位置が高い上に勢いが強く、手洗い時には周囲をびしょびしょに濡らしてしまうんだそうだ。なおかつ止まらないのでは大変だ。

まずはシャワ金具を外し、長いフレキシブルパイプにシャワー/泡沫切替式のシャワーノズルを装着。
好みの位置・向き・高さで、好みの強さで(泡沫+シャワー混合では圧力が分散するので当たりが柔らかくなる)使える。
機能部のペダル式バルブは廃盤かと思ったが、後継機種が持続生産されていた。
左右の接続パイプも不具合が出ていたので一緒に交換。
ペダル操作に合わせてきちんと出て、止まる。
出してみるとこんな感じだ。
シャワー面積をカバーしながら飛び散らず、流量は充分ある。
何といってもぐにゃぐにゃなのが楽しい。

午後は昨日頓挫した《麹町でトイレ水漏れ調査》。
タンクから便器に水を送るベンド管の便器側一番大きいナットが手で回せるほど緩んでいたので締めました。
写真はパイプの裏側に漏れていないか鏡で確認しているところ。
では帰ります。

夕刻から食材ツアー、石神井、西荻、オカダヤ、高島屋+ハンズ。


2019/01/21(月)

《落合で浴室換気扇交換》《リビング照明器具の打合せ》。

帰宅後、午後仕事用に積み替えをしていたら、近所のビルオーナーから「一階の排水が流れが悪いので見て」と連絡が来たので早速出動。
《近所のビルで緊急排水枡詰まり直し》
排水枡を幾つか開けてみたところ、案の定二つの枡が詰まって汚水溜まりになっていた。
太い樹脂管で排水方向に刺激を与えるが芳しくない。
先端をかぎ爪に加工した鉄筋で異物を引き出してみると、大量の雑巾だった。
写真撮って警察に報告して下さい。賠償請求も。
異物は全て取り除き目出度く開通、バケツ水を大量に流して一件落着。
では次の現場があるので儂はこれで。

《麹町でトイレ水漏れ調査》の予定が、現地で店子さんに連絡が取れず、40分ほど後に「急に具合が悪くなり病院で検査続きだったので連絡出来なかった」と。
と言うことで明日に繰り越し。

だから麹町でパン買って帰る。

帰宅後問屋で部材受け取りがてら獣医でぶんたろの補液セット補充。


2019/01/20(日)
首痛爺婆は休養。

午後から田崎仙台友人と中野で遊び、渋谷まで送って別れる。

帰宅後またも首痛爺婆は休養。

中野飲食店ネタ。
1/15の白色化粧合板製ルーターボックスは表面にビスを出せないので木ダボ接合にした。
これはダボ穴を正確に開ける補助具だ。
片側に空けた穴に金物を入れて相方の板を押し付けると穴の中心を写し取ってくれるので、そこにドリルの先端を合わせればぴったりの位置に穴が開く。


現行ログ/ [1]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND
旧/ちちのよろず能書き

[TOP]
shiromuku(u3)DIARY version 2.15